クリスティーナ・アギレラ

クリスティーナ・アギレラのデビューアルバムを久々に引っ張り出してきて。

「なんだ、この(当時)18歳は!!」

となっている40代なんですが。
映画「バーレスク」の人ですね。

 

デビューアルバムは演奏が打ち込みチックなのが好みと違うんですが、ヴォーカルものって、そういうの多いからね。
目を閉じて前頭葉で聴きながら、
「うわぁああわああぁぁあああ・・・」
という午前中を過ごしました。

 

あまりに凄すぎて、YouTubeを見ているだけで涙が出てくるヴォーカリストが何人かいますが。
アギレラさんも私にとってそんな中の1人でございます。

 

この間ライブハウスで観た川口千里ちゃんのドラムも、そんな感じで。
すごいのはわかっていながらも、やはりかなりの衝撃でしたが。
もう、口開けてみてるしかないよねw

 

 

こういう人たちは、なにか、ワタシには見えてない、
パラレルワールド的な世界が見えているんだろうなー。

 

行ってみたいな、
パラレルワールド。